ここはガマンドキで…

コロナの騒ぎ、少し落ち着いてきまし たね。 先日、お世話になっている関東の某企 業の社長さんが当社に来られるとのこ とで… んーー いやー コロナのこと が頭をよぎり、どうしようかと… 私もぜひ会いたいし、担当とも久しぶ りにマジ会いたいところ。 でも、ここはガマンの時かと思いまし た。 万万が一私が感染すると顧客に大迷惑 がかかるし、なにしろ地元のニュース になって会社がピンチにでもなったら 社員とその家族は大変なことに。 これまで関東出張や仙台の用事さえも 控えてきましたので、ここは丁重にお 断りすることで決した次第。 ここで感じたのは地方と首都圏の感覚 の違い。関東では業務で人に会いに行 くことに、すでに違和感は存在しない ということなんですよね。 つまり、しっかり対策をとって業務を 進める関東の方々は、過剰に恐れては いられないということのよう。 考えてみれば130万人の青森県での感 染者数が27人、しかも多くの方が回復 済みと思うと私たちは過剰反応かなー… いや、しかしここはガマン。 ここでふと考えてみると、地方では感 染することはさることながら、話題に されちゃうことのほうが怖いというこ とでは? 実際私、苦慮の末の断り文句は、 「感染すると即ニュースになって、情 報が漏れたりなどして、ひどい誹謗中 傷が起こっていまして…」 「青森ではそんなことが…」 ま、いずれにしても、早く社会が通常 化してほしいですね。 …

続きを読む

ゲスト登場  エッセイスト / T氏 (^^)/

今日のエッセイ / コラムは ゲストの登場です。 エッセイスト トキシラズ氏          (八戸市在住) ▶先日、ふと新聞の切り抜きを取っ ておきました。デーリー東北新聞と いう読者の少ない地元紙の、天鐘と いうコラム欄(2020,5,13)。 ▶小生、新聞を切り取って保管する ことなどこれまで皆無。あ、いや数 年に一回くらいかなー。前回取って おいた記事は斎藤美奈子さんのコラ ムが同紙に掲載された2016年。 彼女のコラムが地方紙に載ったのは うれしかった。 ▶斎藤美奈子氏の東京新聞コラムは 最高に笑えます、いや内容はマジ笑 えない。痛快に時の政治社会を解読 して痛烈に書き抜く感じ。どこか笑 えて、なんか腹が立って、少しドキ ッとして、あと味はなぜか爽やか。 ちなみに記事中(下の写真)の甘利 氏起訴を見送った、政権にとっての 恩人検事は渦中の黒川氏。 ▶奇しくも本日、その黒川氏に耳を 疑うニュース。三密要請時期に賭け 麻雀に興じ、その左右に朝日と産経 各紙とは笑えない。自粛のパチンコ 屋さんもさぞ驚いたことか。報じた のは斎藤美奈子氏を応援する文春。 ▶東京新聞の記者にもスゴイ女性が。 望月衣塑子さん。彼女の舌鋒鋭い突 っ込みに官邸の令和おじさんもタジ タジ。のち、官邸出入禁止。 彼女の行動はなんと「新聞記者」と 題して映画化されていて、ぜひ見て ほしいです。 ▶制作に協力したのはソウソウたる 方々です。森…

続きを読む

マエ二 ムカッテ…

連日コロナの困ったニュースが続き ますが連休はいかがお過ごしでしょ うか?(というか、家ですよねー) 各業界とも様々な影響を受けていま すが医療業界はとっても大変かと思 います。最前線で戦う方々はほんと うに苦労されている。心より敬意を 表します。 建築界は多少の影響はありますが、 医療現場に比べたらカワイイもの。 私たち建築家は経済活動・社会・顧 客・社員を守るべく頑張って前に向 かって進もうと思います。 さて、近況です。 3月完成した白山台の住まいは植栽 が完了してすべて完成。こちらは都 合により展示できませんでしたが見 学希望者がとっても多かった…ほん とにスミマセンでした。 「拝見したかったー」とは20人くら いに言われまして、これまでこんな に言われた記憶がないかなー。 恐縮ながら写真を少々紹介させていた だきます。 二つの玄関が存在するコートハウス。 玄関ポーチより格子越しにコートを 望みます。 右となりの円形の家は青森の建築家・ 清野さんの作品。並んでしまいました。 こちらのシンプルな住まいはいよいよ 着工、素材や計画が変化のある住まい で楽しみです。デザイン的に店舗と思 う方多数かなー… 人生を楽しむご夫 婦とペットのための専用住宅です。 大型住宅は基礎が進行中、やはりスゴイ 大きさ。でもしっとりした佇まいの住ま いになります。 市内中心部の店舗はいよいよ着工しま し…

続きを読む

地鎮祭・上棟式 春ですし…

地鎮祭って、なに? ぶっちゃけ、そう思っていませんか? 私も、若いころはそう思っていました。 今は実施をぜひお勧めしています。 ある神官に言われたひとことがきっか けです。 「土地境界線は人間の都合。  地霊に祈りを」 その神官は「神へ」とは言いませんで した。 「なるほど」そう思いました。 生命誕生38億年の地霊の土の上に建築 するのだと、その時認識。 ね… やりたくなるでしょ!?地鎮祭。 上棟式も意味があります。が、ぶっちゃ け若いころは「なに?」とい思っていま した。今はやっぱ、ぜひお勧めしていま す。 きっかけは棟梁であった親父から聞いた はなし。 「昔はな… 職人家族に子供が生まれた ら現場へは1週間出入り禁止だった。」 「集中力を欠いて必ずケガする…」 「上棟式は安全を祈るのではなく、安全 を誓う儀式。無事に家を引き渡す」 ね… やりたくなるでしょ!?上棟式。 で、気候のいい3月後半は地鎮祭や上棟 式が続きます。 大型住宅「光刻の家」地鎮祭を実施。 奇跡的に好天無風。 「添日の家」先日の上棟式です。 厳かに実施。 こちらは「暖渉の家」少し前に行われた 上棟式の様子。 ご家族で完成をとっても楽しみにされて いました。 春彼岸は明けて3月も後半、桜の開花に 向かう季節です。 社会はサマザマですが、住宅建設は未来 50年の仕事。事情に左右されず、しっか り頑張ります。 こ…

続きを読む

事情サマザマで…

最近、中国発の困ったニュースで世界が混 乱状態ですね… 現場は機器の納入で少々影響が出始めてい ますが、3月お引渡しの住宅はなんとか完 成に向かっていてひと安心といったところ です。 こちらの住宅の展示会は残念ながら実施困 難な状況でして、ここはご期待に応えられ ずゴメンナサイ。 工期がだいぶ遅れたことや、オーナー様の 引っ越し事情も重なって残念ながら日程が 取れませんでした。 写真での公開はできそうですので是非見て いただければ幸いです。 現在進行中の現場は急ピッチで進めていま す。 職人事情など遅ればせながらですが、いっ さいの妥協をせずしっかり進めています。 着工準備中の大型住宅と中心街の店舗は実 施設計が着々と進行中。いよいよ着工しま す。こちらも完成が楽しみ。 ところで、いい感じの基本計画が進行中で すので少々紹介しますね。 シンプルそのものの住宅計画はオーナー様 と意気投合な状態。だいぶお待たせしてき ましたが、いよいよ実施設計に入ってきま した。 話は変わって、 最近いろんな方に新築ご依頼の声をかけて いただきますが、他社契約寸前で目をさま して回避という方がとっても多いです。ご 事情をうかがうとなんともスゴイ話が多く て、業界の劣化が急激に進行しているやに 思ってしまいます。依頼先の選定判断はと っても難しいですがぜひ勇気もってご判断 を。 各社競争受注で成績や歩合など事情はサマ ザマ。実…

続きを読む

2020 さて…

遅いブログ開始ですが、今年も どうかよろしくお願いします。 で、 年末年始 なにをしていたかとい うと… 皆様の予想通り、計画のことなど しばし考えていました。 今年も声をかけていただいている 計画が何件かありまして、そのこ とをボーっと考えながら、その歴 史や地域を思い、本をあさって読 みふけっったり。 十和田の都市形成の歴史や八戸市 中心街と神社のことなどは知らな いことだらけ、古本屋をあさって 得た情報はかなり面白いです。 ほかに計画の縁あってポルトガル のことやアルベロ・シザを見入っ たり。 そうそう、話は飛びますが本で読 んだ話題。ポルトガル・リスボン で1755年に起こったこと、知って いますか? 大まかに書きますと、 バスコ・ダ・ガマの大航海時代に 大繁栄期を謳歌していたポルトガ ル・リスボンを壊滅的な大地震が 襲って、しかも地震の日は聖者の 祭典の祈りの日で、当時大都市の リスボンで数万人が亡くなるとい う悲劇。当時の文化や建築の多く が失われたのですが、問題はその 先。当時、国力世界有数の国家が、 衰退を始め、以後現在に至る250 年立ち直れない… なんか、他人事とは思えない、い やな感じしません? というか、今年最初の話題にして はかなり重いなー スミマセンがこの先は書籍で読ん で感じてくださいませ。 なにせ本はいろいろ教えてくれま す。 話題を変えて… 今年も面白い計画が続きます。 …

続きを読む

カンセイとオープンと

急ピッチで進めていた 十和田の住宅と八戸市中心市街地 十三日町の店舗が完成しました。 明日とあさっては十和田市で 展示会を開催します。 https://www.horisoto.jp/openhouse103.html 十和田市の住宅は、ご夫婦の勇気 ある大英断によってご依頼いただ いた住宅でした。 完成住宅を見た施主の喜びはまた 格別のようで、その様子を見た私 がもっと嬉しくなりました。 明日、あさっては十和田は雪模様。 お時間ありましてら道中気をつけ ながらぜひいらしてください。 十三日町の美容室「See's Hair」もい よいよオープン、コンセプトの透明 感ある店舗が完成しています。 機会ありましたらぜひご利用くださ い。 18年前に私たちが考案した店の マークは移転後もそのまま。 まだいけてますかね? By、Masa

続きを読む

もうすぐカンセイ。

今月末の完成を目指している案件が 2件。 十和田の住宅と市内の店舗改装は とってもいい感じで完成に向かっ ています。 いやしかし… といいますか、かなり遅れていて オーナー様には申し訳ない状況。 今年は消費税増税の駆け込み需要 のせいか、職人不足が深刻で、各 専門職がみんな忙しく、よって なかなか工程が組めなくなってい たり。 ま、しかしなんとか2件は完成で きそうです。 で、写真の十和田の住宅「至彩の家」 はオーナー様のご厚意で展示会を開催 させていただくことになりました。 https://www.horisoto.jp/openhouse103.html 今回の住まいはスケール感や仕上げが いつもとちょっと違いまして、それが 地域や顧客にピッタリないい感じです。 広いLDKとコンパクトな個室は究極の バランス、敷地のゾーニングはご家族 の笑顔のシーンが目に浮かびます。 皆様にも感じていただけると思います。 お時間ありましたらぜひいらしてく ださい。 そうそう、今回駐車に制約があります ので完全ご予約制とさせていただいて おります。ご来場の際はお時間などお 知らせいただければと思います。 話題は変わって、市内の店舗改装です が事情ありの急な仕事でした。 立ち退きによる移転改装でして、現在 の店舗は私堀内と川村が18年前に設計 した店舗。先日久しぶりに二人で打ち 合わせに訪れたら… 手前味噌ながら自分たちらしい…

続きを読む

イイ・シゴトヲ…

いろんな仕事が少し落ち着いて、 久しぶりのゆっくりな日曜の朝に ブログを書いています。 おはようございます。 10月は少々バタバタしました。 盛岡の大型建築案件終盤戦と八戸市内 の大型住宅の外構終盤戦で建築検査や 手続き、現場監理が重なって、そこへ 大型イベントと住宅展示が重なるなど しまして、2週間ほど事務所で業務が 出来ずじまい。 しかし、なんとかいい仕事が出来たか なーと思っています。 湊高台の「静域の家」は展示でも大好評 で、見学者のみならず同僚建築家や先輩 建築家からもいい評価。盛岡の大型案件 は施主の期待になんとか応えて完成に向 かっていて、市内大型住宅はねらい通り のデザインで完成しました。 弘前の建築家ベントも大成功。 師匠を中心に東北の建築家が半年をかけて 準備、青森県内の地域建築家10人もかなり 頑張って活動しまして、全国から集まった 600人もの建築家にすごく満足いただけたか なと思います。 私は裏方や案内役に徹していて、レセ プションや十和田方面の案内など担当、 ニューヨークでお世話になった六鹿会長 ご夫婦へ少々ご恩返し出来たかなと思い ます。 安藤事務所出身の相坂さんとはいろんな 会話が出来て楽しかったなー。 さて、今後も面白い仕事が続きます。 白山台では数棟が進行中、湊高台の住宅は 建て替え解体が進んで着工準備中、尻内の 住宅もいい感じです。 …

続きを読む

アメカゼニハ・マケズ

週末、台風が近づいていますね。 関東は直撃な様相で大変かもです。 建設現場もやや大変で、私が設計を 担当する大型の現場や大規模住宅、 当社で施工を進める現場も対策に 奔走中、新築建て替えの解体現場 はさすがに中断命令としました。 そんな状況にもマケズ… 八戸市湊高台に完成した「静域の家」 はオーナー様のご厚意で展示が実現。 週末、展示会を開催します。 良質な住宅地にあってプライベート な静域空間を手に入れたいご家族のため の計画です。 模型でお見せするとわかっていただける かなー… 内部の斜角度は理想的な方角を指し、 リビングに豊かな明かりを届け、同時 にLDKがそれぞれゆるやかに接続する ことで家族が無意識のなかで常にいい 距離を保ちます。 さらに周囲からの視線を一切感じず庭 と空を切り取ってLDKに組み込んだ豊 かな住まいです。 ぜひ皆様にご覧いただきたい。 10月12日(土)はご予約の方 見学日  13日・14日は自由見学日です。 AM 10:00 ~PM 17:00  駐車場は隣接地へ十分確保しています。 ぜひいらしてください。 詳しくは下記サイトへ https://horisoto.jp/openhouse103.html 当サイト、ブログをご覧いただいた方 のみの見学会です。(新聞広告は出し ません) ゆっくりご覧いただけるかと思います。 ただし、13日は要注意!…

続きを読む